各スタイル概要・スキル解説

物理タイプ

パラレル剣士

アイテムやサザンクロスなどでCPを溜め、高性能のパラレルスティングを放つ。
剣士の物理スキルの中で最もダメージ効率が高いスタイル。
大器晩成のスキルが多く、特にSlv14以下のパラレルスティングは極端に低性能。
武器性能もどちらかと言えば低いほうなので、装備でしっかりとカバーして育てていきたい。

主力スキル
サザンクロスSlv1時はCP消費-18、Slv+1ごとに+2改善され、Slv10で±0 Slv50で+80になる。
 
剣士スキルの中で最もCP獲得効率が良く、回避率補正無視が付き使いやすい。
2発でパラ一発分が獲得できるが効率が良いとは言えず、育てずに青POTに依存する方式も多い。
パラレルスティングSlv1時はCP消費57、Slv+1ごとに-2増えていきSlv55で-165になる。
HIT数は初期2段、Slv5、15と下桁が5の時に増加。
 
低Slv時は分身数が少なく、ダメージ自体もマイナス補正がかかる。実用はSlv15から。
消費が勢い良く伸びるので、CP補給手段を考えながら上げること。

知識タイプ

トワー剣士

長時間スタン効果のあるトワーリングプロテクターを連発する。
戦士・剣士の魔法攻撃スタイルの中では唯一安定して狩れる。
唯一火力にかなり不満が残り、DXUまでは全職中最低クラス。PT就職はあくまで足止めのつもりで。

主力スキル
トワーリングプロテクターSlv1時の消費CPは-89.5、Slv+1ごとに+0.5改善されSlv50で-65。
薪割り斧を装備すると、SLv44以上でCP獲得プラスに転じる。
 
育成上で目立つのは消費CP。威力もそれほど伸びないので序盤の狩りが辛い。
薪割り斧(Lv83)装備でだいぶ使えるようになるが、CP獲得手段が限られるのでそれだけでは使い勝手が良いとは言えない。

支援タイプ

壁剣士

デュエリングでモンスターの攻撃を自分へ集中させたりしてPTを補助する。
ウォークライはまだしも、デュエは狩場によってかなりの耐久力を要求されるので火力特化のステ振りをした剣士はやや辛い。

主要スキル
デュエリングSlv1時の消費CPは-19.5、Slv+1ごとに+0.5改善されていきSlv40でCP消費無し。
成功率はSlv1で46%、SLv+1ごとに+1%増加する。
 
難易度3と妙に高いのが引っかかるが、低Slvだと継続時間も短く使いづらいので
本気で壁になるならマスターするつもりで上げておく。
ウォークライSlv1時の消費CPは-103、Slv+1ごとに-3増加していく。
スタン確率はSlvで66%、Slv+1ごとに+1%。
 
難易度が高く、活躍する狩場もLv150以降なので後々の課題に。
高SlvのCP獲得スキルが必要なのも問題。
CP消費がかなり大きく、必要以上に育てるとかえって使いづらくなってしまう。
スタン確率100%になるSlv35(消費205)を限度に使いやすい範囲で止めること。

その他サブスキル

スキル名説明
グレートガッツ仰け反りが無くなり、Slvによって高い状態異常系抵抗が付く。
 
仰け反り防止はSlvに関係なく100%なので、取っておくだけでもかなり安定した行動を取れる。
低難易度なので防御の足しに育てても良し、Gvでも抵抗が便利。
ダンシングブロッカー邪魔なブロック硬直が無くなる。
かなり行動が楽になるので、最大CPが確保され次第早めに取っておきたい。
Slv上昇につれて必要CPが上がっていくので普通はシマー前提分(Slv6)で止めておく。
シマーリングシールドダンシングの上位。ただし、盾が必要なスキル(タンクラッシュ、トワーリングプロテクターなど)が使用不能に。
他人にかけられる・ダンシングのCPを維持する必要がなくなる他、
スキルを使用した時のブロック率が適応されるので
オールドガーマ(U剣)付け替えなどで高いブロック率が実現できる。
Slv1ではかなり時間が短い(65秒)ので、Slv10(155秒)程度にはしておきたい。
スウィングインフィニティ手数・燃費が良く、パラやトワーが実用に至っていないLvでの属性ダメージ付き手数攻撃として利用できる。
物理ダメは全くといっていいほど伸びないので、属ダメ無しでは期待しないこと。
育てると消費CPあたりのHIT数は上がるが、秒間手数は変わらないのでSlv5or15(3or4HIT)あたりで止めるのが良い。
タンクラッシュ移動スキル。主にGvにて。
CP獲得はモンスターに当たって発生。Slv1止めで。
ファイナルチャージング盾が必要ない移動スキル。
タンクラッシュに比べ消費CPが高く動作がトロいが、Gvで十分使える。
突き命中精度の高いCP獲得スキル。
サザンに比べローリスク。手堅くいきたい人に。




スキル育成手順

パラレル剣士

火力スキルのパラレルスティングに特化した育て方の例。
スウィングをしばらくの火力スキルにする関係上、序盤はPT狩りが前提になってしまう。
パラも大器晩成のため、装備でしっかり補助していきたい。


トワー剣士

知識剣士はLv1から作るとかなり辛い。Lv130〜150程度から再振りを推奨。
この育成方法は激弱スウィングで繋ぐという激マゾスタイル。Lv60で属ダメ50↑級の装備、無限トワーまでの青ポ狩りができる投資を前提に育成を。


壁剣士

Lv140以下の釣り狩場が壊滅的な現在では、純壁剣士を最初から育てることはほぼ不能。 パラスタイルも平衡して取るバランス剣士の育成法が主流。
以下Lv170(パブル)まで釣り狩場が無いと見たパラ寄りの育成例。


ステータス振り

物理

力重視型

ダメージ上昇は主に力で担う方式。
パラは命中率補正が無いので、敏捷多目かLv*0.5〜0.8ぐらいの運を確保すると安定する。

ダブクリ狙い型

ダブルクリティカルを狙う方式。
パラのヒット数が多いので、確実にダブクリが出せるまで運を振らなくても安定した高威力の一撃を出せる。
ドロップが気になるなら別として、火力を上げるためにメインは力に。

壁剣士型

壁剣士向けのステータス振り。
火力がかなり落ちるので、ソロする場合は気をつけること。


知識

知識重視型

知識のみを重視した振り方。
狩場を選べば健康は固定で十分なぐらいだが、Gvやドラツイ派生を考えて上げるのが望ましい。


装備

パラレル剣士

Lv100以下の弱さはどうしようもない。属性ダメージ装備などで凌ぐ。
シマーがあればかなり高い物理ダメージ耐久を得られるので、習得以降ありったけ火力装備を付けていく。

武器

武器には4種の系統がある。

0.90秒以降の物理ダメージ重視武器は高Slvパラ前提で強くなる。Slv35までは0.75秒剣が安定。
また、パラのダメージ倍率がかなり高いので、DX後半でも[攻撃Lv6]以上を付けるより次のベースにしたほうが強くなることもザラ。

壁剣士をするならまだしも、攻撃主体のパラ剣士にとってブロックは逆に邪魔。
ダンシングを取るまではなるべくブロック率の低いものを心がけたい。
火力的優劣は 盾 < 左手剣 << [攻撃速度]盾 < [攻撃速度]左手剣。

他装備

スキルが揃えば、装備でのケアはほとんど必要無い。
強いて言えば、単純に火力特化装備で十分に狩れる。


物理Gv特化

ありったけ[攻撃速度]を集める。
6フレーム内に入るなら0.9秒剣でも良し。
対インタ・スナイプ抵抗は皆無なので[HP効率Lv6]を二箇所用意すると良い。


トワー剣士

安全な代わりに悲惨なまでの火力。[知識][攻撃速度]フル活用でサポート。
CP獲得(HIT)までに時間差がある為、攻撃速度が速すぎると暴発して一発空撃ちしてしまうことも。

武器

他装備

[知識]装備をありったけ。
[攻撃速度]は10フレーム(1.2秒で92%)ぐらいまで安全。
以上を求めるなら青POTやCP獲得ボーナスを付けるなどで工夫。
DXUではシュトゥルムの風も狙い目。


壁剣士

壁剣士になる時用の装備。パラを使う場合はパラ剣士へ。 魔法抵抗や致命打・決定打抵抗など狩場ごとのポイントを抑えればそれほど意識しなくても役をこなせる。

武器

基本は0.75秒剣。
ブラッドウィスカーが理想。

他装備

Lv×15の防御があれば痛いMobを4〜5体タゲっても耐えれる。
余る分は[攻撃速度]で低Slvでは発動率の低いデュエをサポートしたりすると良い。


その他

トワー剣士狩場情報


火力剣士ってどう育てるの?

火力剣士=装備に億単位かけて青POTがぶor心臓食ってるパラ剣士。
要するにがんばれ。